惣流・アスカ・ラングレー

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

惣流・アスカ・ラングレー(そうりゅう アスカ ラングレー)とは、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイと並ぶヒロインの一人である。その亜種である式波(しきなみ)も渋々(のフリして)一部のご主人様に(いろんな意味で)愛されている。

通称は、アスカ(またはアスカ様)である。

Bouncywikilogo.gif
ウィキペディアにも、この項目「惣流・アスカ・ラングレー」が執筆されています。ぜひこちらも読んでみてください。

生態[編集]

ファイル:Asuka swimwear.jpg
その風貌は、男性を昂ぶらせることを主目的とした、理想化されたの姿だ。

エリート意識が強く、愛情に飢えている。人間少女の体格を備え、人語を解し、男子との生殖が可能である。

架空の物語における登場人物の設定をもとに、神によって具現化された数々の生物の一種で、そのなかでも特にアスカは、常にアストラル体として存在するものであり、究極のツンデレである。

アスカはプロのフードファイターであり、早食いと大食い、どっちも得意分野。現在、大食い女王である。通称、大食いアスカ、アスカちゃん。

ハーバード大学を飛び級し、しかも主席で卒業し、Qさま!!平成教育学院などの番組にもよく出演してる。

出生の由来[編集]

天界の王子[1]に種付け(生殖)をさせて、王子の子を孕ませる繁殖の媒体とするために、神によって創出されたもので、男子のリビドー(性本能)を刺激する、小悪魔的な少女性を意識した容姿となっている。

性格の由来[編集]

アスカが高飛車な性格に設定された理由は、いずれ王子がアスカとの夫婦生活を送るようになれば、世話に手を焼く王子様を見かねた女神の計らいによって、凶暴性を理由にアスカを牝奴隷の地位に堕とし、家畜としてSM調教できるようにすることで、王子様がサディスティックなプレイでアスカへの種付けを愉しめるように考慮されたものと考えられている。

役割[編集]

個人のアイデンティティを備えた人格を持つ生体として開発された生物であるため、現時点では1体しか生成されていないが、王子の妾のなかで、もっとも多くの子を孕むことが予測されており、その娘たちが、王子の友人である好青年たちの妻やセフレとなる未来が訪れることを期待されている。

来歴[編集]

ファイル:Asuka Romance.jpg
ハーレクイーン・ロマンスばりの、申し合わせたようにドラマチックで数奇な半生をたどってきたアスカは自立心を備えたの象徴として、幾多の女性から注目を集めてきた。果たしてアスカは幸福になれるのか。

現実世界に創出されてからは、荒れた地を独りでさまよっていた。

一方、人間界の遊戯場「ナムコランド」でルーレットゲームのショーケースにぶらさがっているセガプライズのアスカフィギュアを、綾波レイのフィギュアとともに、それぞれ1,000円かけて10回ずつプレイし2体とも獲得して自室に飾り、眺めて欲情していた王子は、天界の方針でアスカの住処が無人島となることを知って憤慨し、事情を問い質す一幕もあったという。

アスカが無人島に隔離されることが検討された背景は、未来に王子がアスカを監禁してレイプすることが予知されていたので、そんなことはさせられないと思った天人の計らいによるものだったが、なによりも孤独を嫌う性分のアスカは、無人島に遺棄されるよりも王子様の性の慰みものになることを望んだため、アスカの願みでもあるとして、天界の郊外にある、王子様が種付けをするための牝奴隷を閉じこめる檻に収容することになった。

その施設には、

も別室に収容されていたという。

そこでアスカは、王子の従兄弟[2]によって陵辱された。

檻の趣旨に驚愕し、収容された牝奴隷の窮状に悲嘆した王子は、さらに余罪[3]があった従兄弟を投獄して、牝奴隷の解放を行なった。

現在は、将来産まれてくる王子の子をはぐくむ母体として、保護種に指定されている。

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. 彼をモデルにしたキャラクターは多く、碇シンジはそのひとりである。後述する従兄弟に姿が似ていたので、同一人物と誤解されたことがある。
  2. 王子から見て叔母の子にあたる。かつて正統な継承者とされていた。
  3. 木之本桜美浜ちよちびうさ谷崎ゆかり強姦や強制わいせつ行為の被害に遭っていた。被害者は他にも3人いる。